アルミニウム合金交換器

簡単な説明:


製品の詳細

よくある質問

製品タグ

商品名 アルミニウム合金交換器 製品タイプ デジタルカテゴリ
処理方法 カスタム処理 処理タイプ CNCフライス盤
校正サイクル 3〜7日 精度 仕上げ
処理サイクル 10〜15日 最大径 500mm
表面粗さ 0.2 最大長 1500mm
表面処理 酸化 製品の許容範囲 0.01mm
加工材 アルミニウム
製品の使用法 デジタルカメラアクセサリー

 

Aluminum-alloy-exchanger_02

Parts Processing (1) Parts Processing (2)

CNC処理におけるパルス等価、位置決め精度、繰り返し位置決め精度、FMC、FMS、CIMSとは何ですか?
1.位置決め精度:インデックス制御された工作機械テーブルおよびその他の可動部品が決定された終点で到達する実際の位置の精度。
2.パルス等価:2つの隣接する散在する詳細を区別できる最小の間隔を指します。これは重要な精度指標です(同等のパルス:
パルス、座標軸が移動する距離)。

Parts Processing (3)

3. FMC:FlexibleManufacturingCe11、フレキシブル生産ユニット。
4.繰り返し位置決め精度:同じプログラムと同じコード処理を使用して同じCNC工作機械で得られた連続結果の同じ手順を指します-バッチ部品
程度。
5、CIMS:ComputerIntegratedManufacturingSystem、コンピューター統合製造システム。
6. FMS:FlexibleManufacturingSystem。

Parts Processing (4)

 


  • 前:
  • 次:

  • 関連製品